忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

回避


アップルは、Safariのプライバシー設定の回避にストップをかけるように動いたそうです。しかしグーグル、悪い面でも注目を浴びています ね。トラッキング拒否機能を回避する技術を使った広告会社の中で、グーグルがダントツだそうです。Googleの広告を目にしたことがあると、アメリカの 調査会社コムスコアの調査結果で明らかになっています。なんと、2011年12月の調査結果で93%のアメリカのネットユーザーが、グーグルの広告を1度 は目にしているというのです。これはすごい結果と言えるのではないでしょうか。そりゃあ前での米連邦取引委員会にグーグルが目を付けられてしまうのもいた しかないような気もしてきます^^;。そういえばグーグルはプライバシーポリシーを変更していましたね。それもまた問題というか話題になっていましたから ねぇ・・・。グーグルアカウントを持つ利用者が複数のサービスを使用している場合、グーグルは利用者に関して各サービスから個別に取得する情報を統合し、 サービス向上につなげると。これだけ読むと、グーグルユーザーから見れば、おぉ、情報が統合されてより便利になってグーグルの複数のサービスを利用できる のか^^と思ってしまいます。グーグルのプライバシーポリシー変更は世界中で物議を醸しましたね・・・。今ではグーグルのプライバシーポリシーを話題にす る人はいなくなりました。ところで、Safariには特徴があるそうです。Safariの技術的癖で、クッキーが1つでもインストールされると、他のくっ きーも簡単にインストールされてしまうのだそうです。グーグルはこのSafariの癖に着物し、トラッキング拒否機能を回避したようです。グーグルが利用 した特別な暗号を広告に付けるというやり方はここで発揮されたわけです。例外事項なのでトラッキング拒否はしないでくださいという暗号です。この暗号によ り、ネットユーザーのコンピュータや携帯機器にクッキーをインストールしたとのこと。

福岡のIT業者のシステム開発サービスページ
システム開発福岡
Linux サーバ 構築
システム 開発佐賀

米国通販、購入代行屋
米国 購入 代行
PR